メイン クーン(Maine Coon)

人間用目薬で家庭治療したメインクーンを動物病院で検査したら、その検査結果がとんでも無い事に・・

人間用目薬で家庭治療したメインクーンを動物病院で検査したら、その検査結果がとんでも無い事に・・

猫風邪と思わる病気で目がグチュグチュに成り寝込んでしまった我が家の猫様。しかし、お金の無い私の国では、猫が病気に成ったら人間の薬で治すのが一般的だ。しかし、我が家の猫は猫風邪では無く眼瞼内反症だったのだ・・どんなに薬を与えても猫様の目が良く成らない、目に入る毛は切っていたのだけど、それだと腫れた瞼が目に巻き込む様に入り短い毛が角膜を傷つけてしまう状態だった。そこで、目を干渉する毛を全てピンセットで抜いてつるつるのお肌にしてあげると目が劇的に回復した。しかし、逆さまつげが原因である事は明らかなので獣医に見せたのだが、猫が恐怖のあまり目がまん丸のぱっちりに成ってしまい、検査の結果は正常と言われてしまった・・しかし、家に来て安心すると目が細くなりまた瞼が長く成ってしまうのだ・・

詳しくは前回の動画を見てね:https://youtu.be/4XdmuYAxXgc

チャンネル登録お願いします!
http://www.youtube.com/channel/UCfxj31CW8ZlI5r5VCRmBAlw?sub_confirmation=1

関連動画





#眼瞼内反症#結膜炎#猫風邪#自力で治療#メインクーン#猫病気#眼病

-メイン クーン(Maine Coon)

© 2024 毎日がネコの日